クレジットカードのサインは必ずフルネーム?

- クレジットカードのサインは必ずフルネーム?

クレジットカードのサインは必ずフルネーム?

サインはフルネームでなくても良い!

サインを書く人
クレジットカードが届いたら、まず最初に裏面に自分のサインをしますよね。実は、この時必ずフルネームで書かなくてはいけないという決まりはないのです。名前の欄に自分の本名を書いて所有者を表すポイントカードなどと違い、クレジットカードではカード自体に所有者の名前がアルファベットで刻印されています。クレジットカードのサインは、会計の際に所有者本人であることを示し、他人による不正利用を防ぐためのもの。フルネームで書かなくても全く問題ないのです。



漢字とアルファベットとどちらがいいの?

フルネームで書かなくてはいけないという決まりが無いように、漢字またはアルファベットで書かなくてはいけないという決まりもありません。どのように書くかは個人の自由です。
アルファベットの筆記体で書くとおしゃれだし、会計の際に書く時間を短く済ますことが出来るので、日本人であってもローマ字表記のサインをする人が多くいます。
海外に行った際には漢字でのサインの方が不正使用されにくいという意見もあり、どちらがいいとは一概には言えません。

本名じゃなくてもいいの?

実はクレジットカードのサインは本名でなくても構いません。普段使っている通称名でも問題ありませんし、苗字や下の名前だけでも全く問題ありません。簡易式の漢字であっても大丈夫ですし、ひらがなやカタカナを使用しても良いのです。短いサインにしておいたほうが会計の際は楽ですよね。ただし、カードの不正利用を防ぐという観点から見ると、できるだけフルネームで長く名前を書き、複雑な表記にしておいた方が真似しにくいので安全です。

もはや文字じゃなくてもいい?

そう、クレジットカードのサインは文字でなくても理論上は可能です。会計の際のサインとカードに書かれたサインを照らし合わし、カードの本当の所有者であることを示すことができればそれで良いので、所有者しか書けないなにかであればそれでいいのです。しかし、たとえば余りにも凝ったイラストをサインとして用いると、毎回書くのが大変ですし、絵柄も変わってきてしまい、不正利用だと間違えられることにもつながりかねません。結局は、普段から書きなれていて、筆跡が安定している自分の名前を使うのが一番良いと言えます。

Similar Posts:

ページ上に戻る

Copyright © 2016 色々な業者を見極める!クレジットカード現金化にオススメな業者の特徴 All Rights Reserved.